近い・安い・暮らしやすいの三拍子。

ザックリ言うと“大阪城の東側”、
「都心も自然も近い」といま人気急上昇中の緑橋。
実は「近所にあったら嬉しい!」店の宝庫でもあり、
これぞいい街の証なのだ。

左右にスワイプすると、地図全体を見られます。
緑橋って、こんなトコ。森ノ宮駅に近く、本町やキタ、ミナミ、新大阪へのアクセスもスムーズ…と、実は便利な緑橋エリア。特筆すべきはスーパーの多さで、買い物には全く困らぬ他、日常の教育・医療・公共の各施設も身近に充実。さらに緑豊かな大阪城公園も1km圏内で休日ライフもばっちり。いま大阪市内に住むなら…の穴場だ。 ジョー・テラス・オーサカ ミライザ大阪城 もりのみやキューズモールBASE 串揚げ料理みや田 中華ダイニング 菜演 生鮮スーパー たこ一 緑橋店 和菜うどん 快 千寿堂 アサカラ グッドストア トラットリア ロクダイ CAFE icoi mabataki マルナカ菓子店 カフェフルーツキッチン歩乃果

緑橋からスグ行けるオアシス。

森ノ宮〜大阪城休日クルーズ。

緑橋から少し西へ足を延ばせば、緑あふれる心地良いエリアに。
点在する個性豊かな店から話題のショッピングモールまでが充実で、なんともお手軽にゴキゲンな休日が過ごせるのだ。

MORNING緑の中でピクニック。

天気が良い休日は、青空ブランチを。

アサカラ グッドストア

オーガニックの食材にこだわる朝食をしっかり食べて、今日1日をハッピーに。芝生が広がる難波宮跡地まで徒歩すぐという立地から誕生したピクニックサービスは、なんでも1オーダーすれば、バスケット、椅子、テーブル、遊具などのレンタルができる。食後は軽く体を動かしてリフレッシュ。都会のエアポケットで、最高の休日を。

オーガニックフルーツを使ったアサイーボウル1,180円。泉州産のみずみずしい野菜がたっぷりのヴィーガンサンドイッチ1,080円、オーガニックコーヒー500円。

オーガニックフルーツを使ったアサイーボウル1,180円。泉州産のみずみずしい野菜がたっぷりのヴィーガンサンドイッチ1,080円、オーガニックコーヒー500円。

アサカラ グッドストア アサカラ グッドストア

大阪市中央区法円坂1-4-6(地図を開く

06-6467-4009

8:00~17:30

火曜休

LUNCHゆったり味わう至福のランチ。

週末限定のランチで陽気なシチリア料理を!

トラットリア ロクダイ

シチリアで修業した六代健吾さんによる、小さなイタリア食堂。食材の持ち味を生かすのが醍醐味のシチリア料理に使用するのは、市場で仕入れる明石や泉州の新鮮魚介に、六代さん自らが栽培する野菜たち。珍しい現地料理が目白押しの夜のア・ラ・カルトは目移り必至だが、金・土・日・祝限定で、お得なランチコースでも堪能できるのがうれしい。

トラットリア ロクダイ
野菜が主役の前菜にパスタ、メイン、パン、デザートが付く土・日・祝限定のペアsetランチ4,600円。この日はナスとミントのソースのムール貝パスタ、メインはイタリア風肉団子・ポルペッティなど。野菜が主役の前菜にパスタ、メイン、パン、デザートが付く土・日・祝限定のペアsetランチ4,600円。この日はナスとミントのソースのムール貝パスタ、メインはイタリア風肉団子・ポルペッティなど。

野菜が主役の前菜にパスタ、メイン、パン、デザートが付く土・日・祝限定のペアsetランチ4,600円。この日はナスとミントのソースのムール貝パスタ、メインはイタリア風肉団子・ポルペッティなど。

大阪市東成区東中本1-15-25(地図を開く

06-6972-5411

11:30〜14:00 17:30〜21:00

水曜&日曜昼休&月2回不定休

弁当スタイルが楽しい1日10食の限定ランチ。

CAFE icoi

「大切な家族に作るような気持ちで料理しています」と女性店主。名物は、なんと30品目以上もの食材をぎゅっと詰め込んだ愛妻ならぬ“愛店主べんとう”。岸和田の農家から直接届けられる旬野菜を中心に、さまざまなおかずを少しずつ。食材の個性を生かした味わいは滋味深く、ご飯を呼ぶ。「大半がリピーター」に深く納得。

CAFE icoi
2段のわっぱに週替わりのおかずを詰め込んで。愛店主べんとう1,200円は、写真に味噌汁とご飯、漬物が付く。事前予約でテイクアウトも受付。

2段のわっぱに週替わりのおかずを詰め込んで。愛店主べんとう1,200円は、写真に味噌汁とご飯、漬物が付く。事前予約でテイクアウトも受付。

大阪市中央区森ノ宮中央1-22-4(地図を開く

06-7503-1055

9:00~17:30

日曜休

SHOPPING日常遣いのお気に入りを探しに。

暮らしに寄り添うアイテムがズラリ。

mabataki

作家にオーダーしたオリジナルの器や雑貨、そしてユニークな形のプラント。「瞬き」のように、自然と日々の生活に溶け込むアイテムを展開。購入後から即一軍として活躍してくれるシンプルなデザインは、手に取りやすいプライスもうれしい。国産木綿100%のオリジナルウエアも揃え、洗う程に風合いが出る経年変化もお楽しみ。

mabataki
ニットのプランターカバー1,500円。 オリジナルのマグカップ1,500円、箸置き350円。

(左)ニットのプランターカバー1,500円。(右)オリジナルのマグカップ1,500円、箸置き350円。

大阪市東成区中道2-26-18(地図を開く

06-7860-5335

10:00~19:00

水曜休

SWEETS絶品スイーツを買って、食べて。

贔屓にしたい、とっておきのお菓子。

マルナカ菓子店

上本町の名店などで研鑽を積んだパティシエの大久保俊幸さんと接客担当の奈美さんが姉弟で営む洋菓子店。15種ほどを揃えるケーキは、酒は一切使わず、シンプルな組み合わせで食材の個性を表現。定番のイチゴショートも旬の時期にしか出さないという姿勢も潔い。「普段遣いの店でありたい」。週末、自分へのご褒美に。

バタークリームが主役の伝統菓子、ミゼラブル473円。
生クリームが絶品のムラング306円。

)バタークリームが主役の伝統菓子、ミゼラブル473円。(下)生クリームが絶品のムラング306円(共に税抜)。

大阪市中央区森ノ宮中央1-9-17(地図を開く

06-7165-5637

10:00~19:00

火曜休&祝日不定休

男子だって食べたい、専門店のフルーツ皿。

カフェフルーツキッチン歩乃果

元は果物専門の卸し問屋とあって、毎日、市場から届けられる季節のフルーツは熟成させて食べ頃を見極め、常にベストな状態で提供される。名物のパフェやパンケーキといったスイーツも砂糖は極力控え、フルーツそのものの味わいで勝負する。秋以降は栗やイチゴの季節メニューが続々と。人気店ゆえ、週末は予約がベターだ。

自家製イチゴソースがたっぷりの季節のフルーツパフェ1,080円。

自家製イチゴソースがたっぷりの季節のフルーツパフェ1,080円。季節のフルーツの生パスタ1,300円はペペロンチーノとフレッシュな果物の組み合わせが斬新!

季節のフルーツの生パスタ1,300円はペペロンチーノとフレッシュな果物の組み合わせが斬新!

大阪市中央区森ノ宮中央1-11-18 RKビル1F(地図を開く

06-6809-7391

11:00~17:00

火曜休