EQUIPMENT心地よさと機能美。

image photo

Structure

構造

資産性を維持する技術。
見えない部分にも
ハイクオリティを求めた構造。

構造イメージ図

  • 1コンクリートと鉄筋の劣化を抑制する工夫

    配合比の数値が低いほどコンクリートの強度が高いとされる水・セメント比を50%以下(外構は除く)にすることでコンクリートの中性化を起こりにくくし、建物の耐久性を高めました。また、コンクリートの各部位で約30mm〜約70mmの充分なかぶり厚を確保し、これにより鉄筋の劣化を長期間にわたって抑えます。

  • 2溶接閉鎖型フープ筋

    柱の主筋を補強する帯筋には、継目を溶接した溶接閉鎖型フープ筋を採用し耐震性を高めました。従来の折り曲げ加工と比較して強度に優れ、地震の揺れに対する粘り強い構造を実現します。

  • 溶接閉鎖型フープ筋概念図

  • 3遮音性に優れた床構造

    約230mm~280mm(水廻りは約200mm)以上を確保した床スラブ厚により上下階からの生活音を低減。⊿LL(I)-4等級のフローリングも採用した遮音性の高い床構造です。

    床概念図

  • 4室内の快適性を高める外壁・戸境壁

    外部に面するコンクリート壁厚は約150mm〜約180mm。また戸境壁厚は約180mmを確保し、遮音性と建物の耐久性を高めました。

    外壁概念図

  • 5結露の発生を抑える住戸内断熱

    外気に面する壁・柱・梁は、断熱効果に優れた発泡ウレタンの上に仕上げ材を施しました。この工夫により外気温と室内温の差を吸収し、温度差によって発生する結露をできるだけ抑えることで清潔・快適な空間を実現します。

構造躯体等では
「等級3」の劣化対策等級を取得(住宅性能表示制度による「設計住宅性能評価」等級)

※劣化対策等級とは構造躯体等に使用する材料の交換等の大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するための必要な対策の程度のことです。
※表示性能は部材自体の単体性能であるため、実際の住宅内での性能とは異なる可能性があります。

CASBEE環境にも配慮したクオリティ。

  • 「CASBEE」(建築環境総合性能評価システム)

    大阪府が定める建築物の環境評価基準「CASBEE大阪みらい」において、総合的に評価するシステムで、マンションの環境配慮への高さの指標となります。

住宅性能評価書確かな建物のクオリティ。

二つの住宅性能評価書

国土交通大臣の指定する第三者機関が検査を実施し、建物の品質を評価する「住宅性能表示制度」。共通の基準により等級で表示されるため、客観的かつ公正な評価を確認することができます。すでに設計性能評価書を取得し、建物完成後に建設性能評価書を取得予定です。

設計住宅性能評価書/建設住宅性能評価書

「品確法」に基づく
「住宅性能表示基準」のポイント(住宅の品質確保の促進等に関する法律)

「住宅性能評価書」は“10分野と32項目”に分かれ、それらの一部には等級や数値表示がされますので、建物の基本的な性能を客観的に確認することができます。

住宅瑕疵担保責任保険加入への取り組み

「住宅品質確保法」に基づき、売主や請負人は10年間の瑕疵担保責任(※1)を負います。しかし倒産などによってその責任が履行できなくなった場合でも履行されるよう、買主保護を目的とした「住宅瑕疵担保履行法」(特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律)が制定されました。万一売主や請負人が倒産しても、買主の保証(保険金等の支払い)(※2)は確保されるため安心です。当社では、住宅瑕疵担保責任保険「まもりすまい保険」に加入します。(※1)10年間の瑕疵担保責任の範囲は、(1)新築住宅であること(2)建物の構造耐力上主要な部分(3)建物の雨水の浸入を防止する部分に限られます。(※2)保険金の支払いには、一定の限度額・免責金額・免責事由があります。

※掲載の室内写真はモデルルーム(Gタイプ)にて2022年4月に撮影したものです。オプション仕様・家具・備品等は販売価格に含まれておりません。